販売店の絞り込み

太陽光パネルシステムは、発電した電気を電力会社から供給される電力の代わりに使用することで、電気代を安く出来るシステムです。
使用しなかった余剰電力は、逆に電力会社に売ることができます。
これを「売電」といいます。

 

 

太陽光パネルは経年劣化による発電量の減少という問題があり、パネル寿命を迎える前に発電できる総発電量がどれほどかによって、トータルコストを概算できます。
それにより、損か得かを判断する材料にします。

ひまわり

 

太陽光パネルシステムは、使用している太陽光パネルの品質によって値段に開きがあります。
また、大手販売店は大量受発注により、値段が下げられるので、どこで買うかによって値段が大きく変わるものでもあります。

 

 

値段を比較するには、複数の販売店から見積もりをもらう「相見積もり」を行うとよいです。

 

 

各社の見積もり金額や、使用している太陽光パネルの品質を比較して、設置コストが回収可能か、天候にどれくらい左右されるパネルか、などを判断します。

 

 

設置コストが安い場合は安価な太陽光パネルを使用している場合が多く、総発電量は少なく、寿命も短い場合が多々あります。

ですから、見積もり金額だけではなく、太陽光パネルの品質がとても重要です。

コメントは受け付けていません。