アフターサービスは万全か

木の実機器を設置して、一番気になるのが、どれくらい長持ちするかでしょう。

 

太陽光による発電の場合、機器がすべて正常稼働することが前提であり、そうすることで、安定した電力供給が可能です。

そのため、保証が万全でなければなりません。

一般的には、10年間の保証が付いています。

 

家電においては、10年1サイクルとも言われ、10年使えば買替えとの認識が広まっています。

 

発電においても、似たような面があるのでしょう。

 

また、アフターサービスの中には、定期点検も含まれています。

 

近年、電化製品などでは、購入後のフォローアップが大切となっています。

付加価値とも言われますが、特に発電の場合、電力供給とも関係するため、付加価値の存在がより重要でもあるでしょう。

 

これらのほか、災害補償もあります。

2011年の東日本大震災を機に、地震保険に加入する人が増え、それだけ地震をより意識するようになっています。

 

もちろん、日本は地震大国でもあり、以前から地震への備えを怠っていない人が多いことも確かです。それが大震災をきっかけに、より鋭敏になったとも言えます。もちろん、補償は地震でも対象となっています。あるいは、台風、水害なども含まれているため、安心しながら自家発電を行えると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。